「あいな里山ビオパーク」は、日本環境教育学会関西支部の有志メンバーが中心となって、神戸市北区山田町藍那(あいな)にある里山をフィールドにして活動する市民グループです。この234ヘクタールの敷地は、国営明石海峡公園神戸地区として整備されていましたが、2016年5月に「あいな里山公園」が開園しました。私たちのグループは、この都市近郊にあって押し寄せる開発の波の中で息づいている貴重な自然を再生し、都市に住む人たちが身近なところで自然体験のできる環境教育のフィールドづくりを目差し、あいな里山ビオパークづくりを提案します。




「あいな里山ビオパーク」でこれからしたいこと
 


 
藍那の里山を復元・保全しよう

 里山は長い時間をかけて人間が自然に働きかけて作り上げてきた二次的自然です。藍那の里道や棚田、溜池や森林も人間が手をいれることによって維持されているのです。こうした里山を保全することは、日本の伝統文化を体験する機会であり、自然再生の技術を学ぶ場でもあります。「あいな里山ビオパーク」では、まず棚田を再生するところからはじめます。
 


 藍那の里山でビオトープをつくろう

 藍那には約20ヘクタールの棚田があり、また各所に180もの溜池が存在します。こうした棚田や溜池は、かつては農業の場所であると同時に、多様な水生植物、水生昆虫、野鳥、小動物など野生生物の宝庫でもありました。このような里山の自然を復元・保全しながら自然に親しみ、体験する場として、棚田を利用したビオトープをつくります。環境教育、ビオトープまた農業に関心のあるかたは、気軽にお声をかけてください。


 ビオパーク現地活動速報ブログはこちら


 ビオパーク2004年度〜2005年度の活動

第0回ビオパーク現地活動報告(2004/4/4)下見

第1回ビオパーク現地活動報告(2004/5/1)

第2回ビオパーク現地活動報告(2004/6/6)

第3回ビオパーク現地活動報告(2004/6/26)

第4回ビオパーク現地活動報告(2004/7/3)

第5回ビオパーク現地活動報告(2004/9/4・12)

第6回ビオパーク現地活動報告(2004/10/3)

第7回ビオパーク現地活動報告(2004/11/28)

第8回ビオパーク現地活動報告(2004/12/25)

第9回ビオパーク現地活動報告(2005/1/29・30)

第10回ビオパーク現地活動報告(2005/2/20)

第11回ビオパーク現地活動報告(2005/3/6)

 




 第12回ビオパーク現地活動報告(2005/4/9)

 第13回ビオパーク現地活動報告(2005/5/7)

 第14回ビオパーク現地活動報告(2005/6/19)

 第15回ビオパーク現地活動報告(2005/7/17)

 第16回ビオパーク現地活動報告(2005/8/21)

 ◆第17回ビオパーク現地活動報告(2005/9/18)

 第18回ビオパーク現地活動報告(2005/10/16)

 ◆第19回ビオパーク現地活動報告(2005/11/3)

 ◆第20回ビオパーク現地活動報告(2005/12/11)

 第21回ビオパーク現地活動報告(2006/1/7)

 第22回ビオパーク現地活動報告(2006/2/5)

 第23回ビオパーク現地活動報告(2006/3/26)

 以降はブログをご参照ください。


2005年度コメの生育情況 脱穀おわりました!! 一反あたりの収量


あいな里山公園 プログラム あいなで行われている毎月のイベント情報が満載!

あいな里山リンク あいなで活動している団体のホームページへリンク!

あいな里山公園ブログ あいなとその周辺の毎日の動きがよくわかる!◆◆リアルタイム更新中◆◆

あいな里山ビオパークの活動(PDFファイル)

公園いろいろ(リンク) いろいろな公園にリンク




あいな里山公園へのアクセス

○神戸高速鉄道「新開地駅」から神戸電鉄に乗車し、神戸電鉄粟生線「藍那駅」下車(一部「鈴蘭台駅」で乗り換え)、駅から徒歩15分で公園へ。
○神戸三宮から神戸市バス66系統で「星和台南」下車、徒歩10分で太陽と緑の道を経て公園へ
○しあわせの村からシャトルバスが運行



☆歴史あふれる自然=藍那の里山

 藍那は神戸市北区山田町の南西部に位置し、神戸淡路鳴門自動車道、阪神高速北神戸線、県道小部明石線などの道路に囲まれた地域です。しかし他方で公園敷地内は、近郊緑地保全地区の一部を含み、藍那道、鵯越道、白川道、熊谷道、徳川道などの古道が通り、雑木林や谷間には棚田などの里山の風景が残されています。また、源平合戦における源義経進撃路に関する伝説も多く、紫式部や泉式部の墓であると伝えられる宝篋印塔など歴史的景観が今も残こされています。こうした里山の自然の中に、国営明石海峡公園が事業化されたのが平成5年。以来、市民参画によって「つくりつづける」公園として計画され、平成28年5月に正式に開園してからも利用者と管理者の双方による参加型公園づくりが進行中です。

 あいな里山公園のホームページ


あいな里山ビオパーク・ホームページ 

編集・発行 あいな里山ビオパーク(代表 天野雅夫)

連絡先:問い合わせは info_question◎kcc.zaq.ne.jp まで。
 (↑↑◎をアット・マークに変えて送付してください↑↑

このホームページ URL:http://biopark.asia/aina/ 


このページはリンク・フリーです。リンクを張られる方は、必要であればこのバナーをお使いください。